名入れ印刷の種類

名入れの印刷の方法は、オフセット印刷・シルク印刷・箔押し印刷の3種類となります。

オフセット印刷(チャリンコ名人れ印刷)

チャリンコ印刷

主に小ロットの壁掛けカレンダーに使用される印刷方法で、現在のカレンダー名入れ印刷の主流です。凹凸が出ないのが特徴で、非常に鮮明な印刷が可能です。カレンダー1冊ごとに、1枚1枚、手めくりをして印刷します。

弊社では2017年よりカレンダー名入れ印刷技能認定制度<CHARIPRI・Meister 制度 >を導入しています。

 

  カレンダー名入れ印刷技能認定制度 <CHARIPRI・Meister 制度>

カレンダー専用名入れ印刷機(愛称:チャリンコ)に携わる、名入れ印刷者の経験年数と技能の程度により、

・PLATINUM CHARIPRI Meister(名入れ印刷経験20年以上)
・GOLD CHARIPRI Meister(名入れ印刷経験10年以上)
・SILVER CHARIPRI Meister(名入れ印刷経験8年以上)
・BLONZE CHARIPRI Meister(名入れ印刷経験5年以上)
・CHARIPRI Meister(名入れ印刷経験3年以上)

上記のMeisterに認定し、認定証の授与式を行っております。

Meister印刷者による名入れ印刷済の商品には<CHARIPRI・Meister 印刷済 >のスタンプを押し、出荷させて頂きます。

 

 

箔押し印刷

箔押し印刷とは、金箔、銀箔のメタリックの輝きを持つ箔を、熱と圧力で紙に転写する特殊印刷です。主に卓上カレンダーに使用されます。通常の印刷では再現できない光沢感や高級感を演出できるため、社名やロゴなどをより効果的に目立たせることができます。

 

 

シルク印刷

シルク印刷とは、大小の穴が空いた版にスキージと呼ばれるヘラでインクを伸ばし入れる方法です。昔はその版が絹で作られていたことから、シルク印刷と呼ばれています。ベタ印刷に適しており、一部の卓上カレンダーに使用されます。インクを厚く塗布することが可能なので耐候性にも優れており、ゴールドメタリックやシルバーメタリックなどの色味も綺麗に表現することができます。

 

 

 

 

ご利用ガイド データ入稿ガイド よくあるご質問 お問い合わせ